Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「父、母の祈り」

コーチング

「父、母の祈り」

皆さん、こんにちは。

次世代の女性を応援するコーチ・メンターの畑さち子です。

 

私の仕事は土、日がない、というか、

むしろ「週末にセッション希望」という方も多いので、週末も仕事しています。

(その代わり、平日休めるときはしっかり休んでいます)

 

そうはいっても、合間合間に、片付けをずーっと継続中です。

今日はファイルの整理をしていたのですが、昔の活動のファイル、思わず見入ってしまいます。

自分の研修や講座の進行表やテキストはもとより。

15年くらい前、40歳代の頃、仲間達と開催したイベント。

「集合○時」とか

「○○を確認!!」とかメモ書きも懐かしい。

というか、初々しい(笑)。

 

私は共育コーチング研究会という団体で、

「思春期の子どもにに関わる人(親、教師)のためのコーチング」について

10年以上、研究し、発信してきました。

コーチング的な関わりをする親を「ペアレントコーチ」と名付けてもいたな。

仲間と一緒のセミナーも何回やっただろう。

学園祭みたいなノリで、楽しかったなあ。。。

 

なあんて思い出はさておき。

セミナー参加者にお渡ししていた文章がいくつか出てきました。

自分たちが好きだったものを持ち寄っていたのですね。

 

当時、ムスコは中ー高校生の思春期まっただ中で、前にも書いたけど、

なかなかいろいろしでかしてくれて、大変でした。

この詩も自分に向けて、だったかもしれません。

 

今、子育て中のお父様、お母様に読んでいただきたいです。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「父、母の祈り」

 

神よ、子どもが自分の進む道を歩めるように、

私が歩みたいと望んだ道を子どもに強いることがないように、

神よ、力を与えたまえ。

 

私にできなかったことを、子どもに強いて苦しめないように

神よ、私を守りたまえ。

 

子どもが歩みゆく、はるか彼方を見据えて

今の子どもの過ちを見守らせたまえ。

 

ゆっくりと成長する子どもの姿を

優しい心で見つめることが出来ますように。

 

些細ないたずらに微笑みかける時と

悪しき行いを毅然としてたしなめるべき時、

その二つの時を見分ける英知を与えたまえ。

 

子どもの怒り狂う言葉や、押し黙る孤独な姿に

悩み苦しむ子どもの心の叫びを聴きとることが出来ますように。

 

そして、深き溝を越え、子どもに歩み寄り、

理解しあう事ができますように、神よ、力を与えたまえ。

 

出来ない事に目を留めていらだち、怒りの声をあげるのではなく、

子どもが上手に出来る事に目を向けて

喜びの言葉で誉めたたえることが出来ますように。

それによって、子どもが自らを信じ、日々成長していくことが出来ますように。

 

私が、心から子どもを大切にする事によって

子どもも、心から人を大切に出来ますように。

 

子どもが力強く自分の道を歩めるように、私は子どもを送り出したい。

どうか神よ、私にその勇気を与えたまえ。

 

マリオン・B・ダーフィー「祈り」より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これ、テキスト。

なんと初めてのセミナーを新丸ビルのピカピカの会議室を借りてやる、という大胆さ、でした(笑)。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧